遺言書作成・相続・終活

相続遺言終活

業務の概要

行政書士の遺言業務については、「権利義務又は事実証明に関する書類の作成」と「作成することができる書類に関わる相談」に応じることにあります。

遺言業務」においては、遺言書作成の文案検討や相談をうけたまわります。

相続業務」においては、遺言書がない場合に業務を承ることが多いでしょう。相続する資産、相続される方がどなたになるかの特定から、相続される方々の協議の結果を記録します。相続登記については、司法書士さんにおまかせしますし、相続税であれば、税理士さんの業務です。もし、相続内容で揉めるようでしたら、弁護士さんに動いていただかなくてはなりません。

終活」に関連して、救命処置に関することや認知症に関連することであったりと医療に関係する課題についてや介護問題に関連する課題もあります。

エンディングノート作成においても完成されるようお手伝いいたします。

遺言書の作成

(1)相続人の確定:「相続関係説明図」の作成

相続される方々がどなたであるかを必要書類(戸籍謄本)を取得し、特定いたします。相続人の範囲である「相続関係説明図」を作成いたします。

(2)相続財産の調査:「財産目録」の作成

相続財産は、どのようなものか、特定し、「財産目録」作成いたします。

(3)遺言書の文案の作成:自筆遺言証書の場合

被相続人のご意思をお聴きし、「相続関係説明図」「財産目録」をもとに「自筆遺言証書」の文案を作成いたします。また、被相続人の「自筆遺言証書」が法律にのっとって記載されているかどうかのチェックを行います。

(4)遺言書の文案の作成:公正証書遺言の場合

被相続人のご意思をお聴きし、「相続関係説明図」「財産目録」をもとに「公正証書遺言」の文案を作成いたします。公証人との打合せ等を行います。証人を2名を手配します。

(5)遺言執行人の委託

相続人の調査並びに相続財産目録の作成、銀行等での相続手続き等を行います。

費用について

事件名報酬(税込)備考
業務受任手数料88,000~基本料
相続関係説明図作成27,500~
相続関係説明図 相続人加算11,0001名当たり
財産目録作成33,000~
自筆遺言書文案作成22,000~
自筆遺言書様式確認17,600~
公正証書遺言文案作成並びに公証人との打合せ44,000~公証人手数料は別途
証人の手配(2名)22,000~
遺言執行人就任110,000~
戸籍謄本等取得2,200必要枚数により増
固定資産税評価証明等取得2,200必要枚数により増
金融機関手続き代行33,000基本料
金融機関手続き加算11,0001行追加ごと

 

関連投稿について

・遺言書を作成することについて(→遺言書を作成することについて

・認知症と遺言書作成・相続業務について(→認知症と遺言書作成・相続業務について

相続

(1)相続人の確定:「相続関係説明図」の作成

相続される方々がどなたであるかを必要書類(戸籍謄本)を取得し、特定いたします。相続人の範囲である「相続関係説明図」を作成いたします。

(2)相続財産の調査:「財産目録」の作成

相続財産は、どのようなものかを特定し、「財産目録」を作成いたします。

なお、被相続人の借金の確認に必要な信用情報調査をしていただきます。調査依頼の際については、相続人の直筆での記載が必要です。

(3)遺言書の有無の調査(検索システム利用)について

公証役場にて、公正証書遺言書の存否について検索するよう手続きをとります。

(4)「遺産分割協議書」の文案作成及び成案文書の取得(署名、押印まで)

相続代理人より遺産分割に基づいて「遺産分割協議書」の文案を作成します。相続代理人等の内容確認により、成案の作成並びに相続人からの署名、押印により「遺産分割協議書」を取得します。

費用について

事件名報酬(税込)備考
業務手数料88,000~基本料
相続関係説明図作成27,500実費別途
相続関係説明図 相続人加算11,0001名につき
財産目録作成33,000~実費別途
遺言書有無の調査22,000信用情報調査
遺産分割協議書作成44,000~実費別途

関連投稿について

・認知症と遺言書作成・相続業務について(→認知症と遺言書作成・相続業務について

 

行政書士 佐々木浩哉

タイトルとURLをコピーしました