遺言・相続・後見・終活

行政書士佐々木浩哉事務所

業務の概要

行政書士の遺言業務については、「権利義務又は事実証明に関する書類の作成」と「作成することができる書類に関わる相談」に応じることにあります。

遺言

相続遺言終活

遺言業務」においては、遺言書作成の文案検討や相談をうけたま

わります。相続税を納めなければならない事例は、全体の5%程度と言われています。ただ、相続する際には、分けるものが無い方が揉める場合が多いとされています。遺言書を作成して残された家族が争族とならない対策をしませんか?詳しい内容については、遺言のページを参照ください。(→遺言

相続

相続業務」においては、遺言書がある場合とない場合、それぞれにより対応が違います。遺言書を探すことから、相続する資産や負債を確定、相続される方の特定、相続される方々の相談や皆さんの協議の結果を記録として残します。また、様々な手続きの代行も承ります。詳しい内容については、相続のページを参照ください。(→相続

後見(成年後見、任意後見)

法定後見制度」においては、認知症の病状の進行によって、そのサポートする内容が違ってきます。

まずは、ご相談ください。制度の説明はもちろんですが、開始した後についてのメリット・デメリットまで、できるだけ分かりやすくご説明いたします。その上で何がサポートできるのかについてのご検討をしていただきます。詳しい内容については、後見のページを参照ください。(→後見

終活

終活」に関連して、お年を召した方には、今後のことについてどうするか、予め決めておいた方が良いこと、例えば、救命処置に関することや認知症に関連することであったり、医療にや介護に関連する課題があります。最期を迎える前にご家族で話し合いをもちませんか?そのお手伝いをいたします。

まだまだ若いと感じている方でも、その年代によって、様々なことを記録に残しておく必要があります。まだ元気だと思っている今のうちに、エンディングノートを作成しませんか?遺言書を書くための参考としたり、亡くなった後ににおいても、参考となる事を記入した残しておきます。何度でも書き直していいのです。ただし、一度は完成させましょう。そのお手伝いをいたします。詳しい内容については、終活のページを参照ください。(→終活

 

関連投稿について

・遺言書を作成することについて(→遺言書を作成することについて

・認知症と遺言書作成・相続業務について(→認知症と遺言書作成・相続業務について

 

 

行政書士 佐々木浩哉

タイトルとURLをコピーしました