相続

行政書士佐々木浩哉事務所

相続

(1)相続人の確定:「相続関係説明図」の作成

相続される方々がどなたであるかを必要書類(戸籍謄本)を取得し、特定いたします。相続人の範囲である「相続関係説明図」を作成いたします。

(2)相続財産の調査:「財産目録」の作成

相続財産は、どのようなものかを特定し、「財産目録」を作成いたします。

なお、被相続人の借金の確認に必要な信用情報調査をしていただきます。調査依頼の際については、相続人の直筆での記載が必要です。

(3)遺言書の有無の調査(検索システム利用)について

公証役場にて、公正証書遺言書の存否について検索するよう手続きをとります。

(4)「遺産分割協議書」の文案作成及び成案文書の取得(署名、押印まで)

相続代理人より遺産分割に基づいて「遺産分割協議書」の文案を作成します。相続代理人等の内容確認により、成案の作成並びに相続人からの署名、押印により「遺産分割協議書」を取得します。

(5)遺言執行・死後事務委任契約

あらかじめ、遺言にて遺言執行人の任命により、就職いたしますし、死後の事務委任契約を結んであれば、契約どおりに事務を執行いたします。

(6)その他、氏名変更や譲渡手続きを行います(相続時点で受任した場合)

相続にともない、電気代等の公共料金手続きから、自家用車の廃車にともなう抹消登録。あるいは、相続人への譲渡による移転登録、様々に必要な変更申請など多岐にわたり雑多な申請・手続きがあります。出来うる限り、手続きを代行いたします。

相続遺言終活

費用について

事件名報酬(税込)備考
相続関係説明図作成33,000~実費別途
相続関係説明図 相続人加算5,5001名につき
財産目録作成33,000~実費別途
遺言書有無の調査11,000~信用情報調査
遺産分割協議書作成55,000~実費別途
金融機関手続き44,000~基本料
11,0001行追加につき

関連投稿について

・遺言書を作成することについて(→遺言書を作成することについて

・認知症と遺言書作成・相続業務について(→認知症と遺言書作成・相続業務について

 

行政書士 佐々木浩哉

タイトルとURLをコピーしました