終活(終末期/緩和医療・介護・エンディングノート・各手続き)

行政書士佐々木浩哉事務所

業務の概要

行政書士の遺言業務については、「権利義務又は事実証明に関する書類の作成」と「作成することができる書類に関わる相談」に応じることにあります。

遺言業務」においては、遺言書作成の文案検討や相談をうけたまわります。

相続業務」においては、遺言書がない場合に業務を承ることが多いでしょう。相続する資産、相続される方がどなたになるかの特定から、相続される方々の協議の結果を記録します。相続登記については、司法書士さんにおまかせしますし、相続税であれば、税理士さんの業務です。もし、相続内容で揉めるようでしたら、弁護士さんに動いていただかなくてはなりません。

法定後見制度」においては、認知症の病状の進行によって、そのサポートする内容が違ってきます。まずは、ご相談ください。制度の説明はもちろんですが、開始した後についてのメリット・デメリットまでできるだけ詳しくご説明いたします。その上で何がサポートできるのかについてのご検討をしていただきます。

終活」に関連して、救命処置に関することや認知症に関連することであったりと医療に関係する課題についてや介護問題に関連する課題もあります。

家族信託」や「任意後見」「死後事務委任」などについてもご相談いただけます。おひとりであったり、ご夫婦でも高齢であったり、人生の最後に不安を抱えていらっしゃるのであれば、全体を通しての終活を検討してみませんか?

エンディングノート作成においても完成されるようお手伝いいたします。

エンディングノートの記載をお手伝いします。

エンディングノート作成のお手伝い

終活そのものについて

終活といえば、日常生活を行い、病気の場合は療養し、その後、亡くなり、葬式を行い、墓に入るまでを指しているのでしょうか。昨今は、何をするにも多額の出費がかかり、遺された方々が負担とならないよう、考えておかなくてはならなくなってきているようです。

家族信託

いま、相続税の対策として生前贈与が課題となっていますが、家族信託を利用して、節税となる場合もあります。ただ、終活全体を見通してのひとつの方法として考える必要があるのも事実です。木を見て森を見ずの格言どおり、「良い」と思った1点だけをとらえて、手続きをとるより、全体を通して、どのようにすれば、自分自身の終活であったり、家族へも不必要な迷惑をかけずに最期を迎えるかなど、一緒になって検討することは可能です。ご連絡ください。

病院での対応と終末期医療・医療費問題への対応

更に、病気となってしまった場合、病医院ではどんな対応をしていただけるか、医療費がどの程度かかっていくのか、計算をして差し上げるだとか、そのほかでも契約によりサポートいたします。ご心配のこと、不明なこと、なんなりとご相談ください。

亡くなられたあとの手続き

また、手続きも様々にあり、それらも漏れてしまうと、全く不明となってしまって、あとに残されたご遺族さまに迷惑をかけることもあり、記録や備忘録として、エンディングノートの作成が行われるようになってきております。作成(記載)については、そんなに面倒ではないはずですが、書きづらいとか、どんな内容を遺せばいいのか不明の方もいらっしゃるのかと思います。私が作成のお手伝いをいたします。

死後事務委任という方法

亡くなられたあとのことについて、様々な手続きが発生します。生前、それらの事務を前もって契約をして、それら、手続きを代行してもらうやり方もあります。ただ、それだけではなく、生前における成年後見や任意後見、家族信託など、それぞれの方にとって、最善であろう方法はあるはずです。その方の資力にもよってしまうことも事実ですが、どんな方法がとれるか、一緒に考えることは可能です。ご連絡ください。

エンディングノート作成セミナーも開催します

なぜ、エンディングノート作成セミナーをやるのか?

終活を始めようとすると考えた時、約半数の人がエンディングノートを書こうとするそうですが、いざ、ノートを購入しても、難しかったり、時間がとれなかったりと完成しないまま放置されている状態が多いと聞きます。

エンディングノートを完成させましょう

身の回りの整理を行うための、ひとつのツールとして始めたわけですから、完成させることを考えましょう。私が、基礎的知識をお教えしますし、エンディングノートの完成までをサポートします。

どうすれば良いのか?

まずは、お電話ください。ご都合を伺って対応いたします。

まずは、基礎知識を学習します。その上で、どんなエンディングノートが良いか、検討し購入していただきます。そのエンディングノートを書いてみましょう。わからない点はお教えしますし、資料がないと書けないのであれば、次回までに探しだしてください。最後に完成させます。

 

電話番号といつやっているの?

電話は、019-613-8827 土日・祝日などでも大丈夫。予定の重複さえなければ、お伺いいたします。

 

 

ご相談につきましては、初回60分3,000-です。その後30分毎に5,000-いただきます。また、業務外でしたら、適切な士業等にお継なぎいたします。安心して、ご依頼いただけます。

死後事務委任等の費用について

サービス内容報酬額備考
死後事務委任契約書作成88,000~
任意後見契約書作成55,000~
任意後見事務報酬(月額)16,500~
財産管理等委任契約書作成33,000~
財産管理契約サービス(月額)6,600~
見守り支援契約書作成33,000~
見守り支援契約サービス(月額)6,600~
死亡届出の提出、戸籍関係の諸手続き22,000~
健康保険、公的年金等の資格抹消手続き22,000~
勤務先企業・機関の退職手続き33,000~
病院・医療施設等の退院・退所手続き22,000~
葬儀・火葬に関する手続き22,000~
埋葬・散骨に関する手続き22,000~
住居引越しまでの管理33,000~
住居内の遺品整理33、000~
公共サービス等の解約・精算手続き11,000~1契約ごと
住民税や固定資産税の納税手続き22,000~1件ごと
SNS・メールアカウントの削除7,700~1件ごと
関係者への死亡通知1,1001件ごと

その他の費用について

事件名報酬/税込備考
お問い合わせ無料
相談料 初回1時間3,000-
相談料 上記以降5,000-30分毎
項目(出張料金)料金備考
紫波・矢巾・盛岡・花巻・遠野市0円
その他岩手県内3,000円
岩手県外運賃+2,000円
駐車料金実費
高速料金実費事前了承にて
宿泊料金実費事前了承にて

 

関連投稿について

・遺言書を作成することについて(→遺言書を作成することについて

・認知症と遺言書作成・相続業務について(→認知症と遺言書作成・相続業務について

 

行政書士 佐々木浩哉

タイトルとURLをコピーしました