個別指導、適時調査への備えは万全ですか?全国での返還金額約72億円。対策をお手伝いします。

佐々木浩哉

個別指導、適時調査への備えは万全ですか? 対策をお手伝いします。平成29年度の実績では、全国で約72億円もの金額を返還しています。

  先生方のなかには、個別指導や適時調査が、どういう指導が行われるのかわからないという不安があるかと思います。また、病医院をサポートされている方々の多くは、厚生労働省の情報をコピーして先生方にお渡しすることはできても、その後の具体的な方策については、お任せするしかないと考えていらっしゃるでしょう。

 どちらの先生もカルテの記載内容を充実させなくてはならないことや、請求が可能となる算定要件についてもわかっていらっしゃいます。ただし、対策は充分におこなわれていらっしゃるでしょうか?書類作成にばかり時間をとられ、記載する時間がないなど、忙しかったり、対策がされているかどうかの確認を行いたいが手が回らない、頼める人材がどこにいるかわからないなど、お困りになっていらっしゃる先生もお有りかと思います。

 充分に対応できている。うちは絶対大丈夫だと思っていらっしゃるのかもしれませんが、その確認はどなたがなさいましたでしょうか?

 話しはわたしに関することに変わります。わたしは、個別指導を受けた実績はありません。しかし、適時調査なら病院の担当として4回受けております。実績の確認や書類の整理、提出書類の作成などで、時間が足りませんでした。当時は、担当者変更の届出の不備で指摘を受けてしまいましたし、施設基準の専従要件だったものが、担当医師のヒアリングで、他の業務を行っていることがわかり、診療報酬を返還することになりました。また、段取りが悪かったのも事実です。そういった、マイナスの経験も確かにありますが、ポイントとなることについては、充分に学習してきました。

 個別指導等への事前からの対策について、どうしなくてはいけないかが大分わかってきました。それは、厚生労働省が指摘事項の公表しておりますし、様々なサポートがあります。医師連さんや地区医師会さんでの対策されております。事前対策のための書籍の販売であったり、事前の研修会実施や直前対策で指定患者さんの具体的点検と指導といった支援があります。

 しかし、厚生労働省の資料(H29 指導・監査の状況)によると、全国での実績として、指導による返還金額が約31億円、適時調査では約36億円、監査では約4億円、全体で約72億円もの金額を返還しています。まだまだ、対策しきれていないのが実情なのです。

 当方での支援については、どの指導・監査においても、貴院を訪問し、院内の掲示等を確認させていただき、面談するところまでは無料で行います。そのあと、現状のヒアリングをしたうえで、課題点をピックアップし、対策をとる「事前対応」を行います。次に、指導・監査の実施通知後に、現状チェックを行い、指定された患者さんへの対策をとる「直前対応」という2段階を基本としております。絶対の補償はできませんが、考え得る対策を講じ返還まではされないように。最悪の場合でも監査には移行しないように支援できればと思います。なお、「事前対応」ができなくとも、指導の通知が届いてからの「直前対応」のみのサポートでも、させていただければと思っております。

 個別指導対策適時調査対策、いままでの記載には出ておりませんでしたが、医療監視(保健所)の対策についても、当事務所でサポートしております。ご希望により、研修会なども行います。どう対応して良いかわからない場合については、先生の求められるレベルでの説明等を行います。日常でのお困りになっていらっしゃることについても承ります。電話でもメールでも結構です。まずはご予約をお願いいたします。まずは、先生の大切な病医院を拝見させてください。

 電話番号:019-613-8827   メールは「お問い合わせ」を活用ください。

行政書士 佐々木浩哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

行政書士制度広報月間です。

「行政書士広報月間」として毎年10月に行われています。この期間に合わせ、ポスターの掲示、電話相談、街 […]

Subscribe US Now