経済産業省 家賃支援給付金 申請をサポートします。

家賃支援給付金 7月14日から申請受け付けを開始しております。

経済産業省では、家賃支援給付金に対しての通知を随時、発出しております。

7月14日申請受け付け開始。申請を受け付けております。

申請サポート会場を開設されます。

経済産業省では、ご自身で電子申請が困難な方に対して、順次「申請サポート会場」を設営しております。

これは、申請はすべて、電子申請となっています。個人経営者さんが高齢である等、OA機器の操作が不慣れで申請出来にくい方に対しての措置で、さらに、不正業者を排除するねらいもあるかと思われます。

不正受給には注意!お金は簡単には手に入りません。

業者が勝手にやったなんてことは、言い訳になりません。詐欺行為、書類を改ざんしての受給も絶対にしないでください。

起業していない大学生や主夫や主婦は対象とはなっておりません。不正受給は立派な犯罪です。簡単にお金が手に入ることもありませんし、親切そうに近寄ってくる友人にも注意が必要です。

高額の手数料? おかしいでしょ!

高額の手数料もあり得ません。5万円とか10万円とか、このコロナ渦の時に、大事なお金です。

この給付金は「契約書」が鍵で、そこさえクリアできれば、ある程度の手間はかかりますが、そんなにいただくのはどうかと。

今、わかっていること。

いつから、いつまで? 減収の条件

現在、新たに判明していることですが、2020年5月から2020年12月までの売上が基準となります。①対前年度月50%以上の減収、②連続する3ヶ月の合計が30%以上の減収 どちらかの条件となります。

受給金額:月額家賃の額によって受給する金額がいくらとなるのか?

法人の場合、600万円が上限

給付の書式に当てはめての受給金額です。6ヶ月分として支給されます。月額家賃(税込み)75万円までと上限が225万円までで、それ以上月額が上がっても、受給金額600万円となります。

月額家賃(税込み)10万円→40万円、15万円→60万円、20万円→80万円、25万円→100万円、30万円→120万円、40万円→160万円、50万円→200万円、75万円→300万円。(受給金額=月額×2/3×6ヶ月分)

これ以上は計算式が変更され、月額家賃(税込み)の下限が75万円を超える金額で、上限金額が 225万円です。100万円→350万円、150万円→450万円、200万円→550万円、225万円→600万円。(受給金額=300万円+((月額ー75万円)×1/3×6ヶ月分))

個人の場合、300万円が上限

個人の場合です。月額家賃(税込み)37.5万円までと112.5万円までで計算方法が違っています。受給金額の上限金額300万円となります。月額が112.5万円以上となっても、受給金額は300万円のままです。

月額家賃(税込み)37.5万円→150万円、(受給金額=月額×2/3×6ヶ月分)月額家賃が37.5万円未満の受給額は、法人と同額です。

月額家賃(税込み)の下限が37.5万円を超える金額で、上限金額が112.5万円です。

40万円→155万円、50万円→175万円、60万円→195万円、75万円→225万円、100万円→275万円、112.5万円→300万円(受給金額=150万円+((月額ー37.5万円)×1/3×6ヶ月分))

経済産業省ホームページ (→家賃支援給付金に関するお知らせ

報酬:新型コロナ関係は給付額に関係なく

 電子化電子化、送信データ編集・集計書類チェックトータルサポート
料金¥3,300円¥5,500円16,500円¥8,800円¥19,800円
電子化××
データ送信×××
売上比較表×××
書類チェック×××
タイトルとURLをコピーしました