「離婚」について、行政書士で関与可能な相談業務等を行います。

離婚を考えた際の悩みごと

離婚相談としましたら、離婚後に関する、①子どもに対する影響、②住居、③養育費、④慰謝料の受領、⑤生活費、⑥役所の手続き などが考えられます。

行政書士として関与可能な業務の内容

「離婚」を考えた場合、やはり、一番頼りにしたいのが、弁護士さんでしょう。

われわれ、行政書士では、裁判のお手伝いはもちろんできませんが、悩んでいることをお聞きする話相手としていただくことと、揉めていないのであればですが、決定する前に、相談される方のご希望の内容を書面として残す「離婚協議書」を作成できます。もちろん、決定した内容を残すこともです。なお、養育費支払いの遅延や不払いにも対応するために、「公正証書」にしておくこともお勧めしております。もう作成済みであれば、内容をチェックさせていただくこともお手伝いします。様々な形でご相談をお受けすることが可能ですし、権利や義務の内容についても、ご説明いたします。様々なお金の問題は、ずっと頭からは離れないと思います。ご相談いただく際に、一般的に知られている内容については、どんな基準があるかなど、お示しします。(例:裁判所の養育費算定表

困った、どうしようとなった際に、よく知っているおじさん程度に思って、なんでもご相談ください。弁護士さんほどではないにしても、わたしができる範囲内でお手伝いいたします。(繰り返してごめんなさい。揉めたら弁護士さんへ)なお、3級ではありますが、ファイナンシャル・プランニング技能士の資格もあります。簡易な家計診断についてもご相談を承ります。

まずは、お電話又はメールでご連絡ください。ご予約のうえ、お話をお伺いします。なお、その際は、お時間を指定していただいたり、面談場所もご指定いただけます。私の予定の重複さえなければ、ご都合に合わせ、早朝や夜間、土日や祝日など、できるだけご希望に添えるようにいたします。まずは、勇気を出して、あなたからのご連絡をお待ちしております。

行政書士 佐々木浩哉

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました