木. 1月 23rd, 2020

行政書士佐々木浩哉事務所 Tel 019-613-8827

病医院の「指導・監査」対策支援。相続、建設業、産廃、会社設立、ライフプラン、終活

行政書士佐々木浩哉事務所の業務の項目

こんにちは、行政書士の佐々木浩哉(ささきひろや)です。

わたしの事務所は、医療機関の開設や法人化、厚生労働省等の「指導・監査」への対策を支援などの医療機関関係と、交通事故後遺障害診断書作成支援・自転車事故被害者支援などの医療機関の利用者を対象とした業務を行っております。そのほかに、様々な課題への相談業務(医療費、介護、終活、ライフ(マネー)プラン、遺言書作成、相続、緩和ケア、人生会議(ACP:アドバンスケアプランニング)対策など)や許認可申請(会社設立、産廃申請、運送許可)等も行っております。

初回相談30分につき、無料で行っております。(以降30分毎に¥5,500円)なお、関係する業務の契約となった場合、相談料は無料といたします。

 

イラスト(どちらでも)を クリック すると各々の「業務の概要」とその「標準的な費用」のページに移ります。

 保険医療機関 新規設立・法人化  厚生労働省・保健所実施の「指導・監査」対策の支援     

新規個別指導・個別指導・適時調査・監査・医療監視 それぞれへの対応・対策について 支援いたします。)

   交通事故被害者後遺障害診断書作成等支援 自転車事故被害者支援

  各種相談業務(終活相談、医療費相談、ライフ(マネー)プラン、緩和ケア、ACP支援など)

  遺言書作成支援・相続業務 (揉める前の対策として。揉めたら弁護士さんにご依頼を。)

    建設業許可関係      業廃棄物許可関係

    風俗営業許可関係     営業許可関係

    介護事業許可関係     宿泊事業許可関係

         運送許可関係       会社・法人設立関係

        補助金申請                   農地等開発関係

   内容証明作成支援      契約書作成支援

 (外国人支援相談業務等)   (著作権関係)

行政書士の仕事には、書類の種類で言えば、7,000種類とも8,000種類とも言われております。
もちろん、得意な業務もあれば、業務範囲とは言え、1度もお目にかかったことのない業務にあたる場合もあります。
どのような書類作成、業務や相談であっても、誠実に対応いたします。
業務の範囲外であったり、当初より、ご要望の期日に間に合わないなどの場合はお断りせざるを得ないことはあります。

営業日時は別途定めてはおりますが、ご予約により、時間外や日曜日・祝日においても面談いたしますので、
ご連絡いただきますようお願いいたします。(→営業日時へ)(→土曜日等の営業・出張の予定についてへ)

 

行政書士 佐々木浩哉

 

 

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.