医療費の請求をする仕組みを使って、わたしがどうやって試算するか、方法を教えます。

医療費の仕組みを使って、試算してます。

医療費の計算の仕組み、診療報酬請求とDPC(包括払い)

医療費の計算の基となる単価表があり、厚生労働大臣が決定しています。診療行為を診療報酬、そしてDPC(包括払い制度)(→DPC制度PDF)に当てはめて、計算し、患者さんと国保や社保などに請求しています。

主治医から入院病名、入院期間、手術名等。その情報を基に計算します。

通常、予定入院の場合は、主治医の先生から、入院の病名、およその入院期間、手術名や術式、リスクなどの説明を受けます。

DPC(包括払い)の仕組みから。負担割合や高額療養費を利用。

医療費の計算も、病名+手術名と内容、およその入院期間などから試算します。

DPCの表に、病名、その次に手術名とその内容から、標準的な入院期間についても示されています。その入院期間と先生から伺った入院期間について、差があれば、どうしてその差があるのかも類推します。それから、入院中に考えられる出来高部分というものも勘案して合計(試算)を出します。あとは、病院ごとにある係数をかけます。やっと、医療費の総額がでますので、3割相当が医療費の一部負担金とはなりますが、高額療養費の制度等を使うことで、実際に支払わなくてはならない金額を算出します。

医療費の計算の仕組みがわかれば、計算はできます。

医療費の計算がどのように行われるか、その仕組みそのものは単純です。診療行為に対しての単価表がありますから、積み重ねていったり、まとめて計算しなくてはならないものは、ひとまとめにするなどを行っています。ただし、人間の体に対して、メスを入れたり、検査機器を使ったり、不確実なものであって、絶対というものではありません。

患者さんの不安を少しでも和らげたい。医療費の試算を行う理由です。

わたしには、病院に長年勤め、外来の医療費も入院の医療費についても、計算してきました。今でも2年毎にある診療報酬の改定に関して勉強しています。

医療費の試算を行う理由です。患者さんの1番の不安は病気のことでしょう。その次は、医療費というお金に対する不安が考えられます。そこで、わたしがお示しできる医療費の概算額を提示します。そして、不安の一部でも軽くしてさしあげたいのです。

また、医療費だけではありません。病気が長引けば、生活費についても、検討しなくてはなりません。そのことについても、サポートさせていただければと考えております。

なお、手術等で体の機能の一部を欠いてしまったり、病気の障害で障害認定を受ける体になる場合があり、障害の認定を受けます。その後、申請によって、日常生活での費用の一部を負担せずに済む場合もあります。そのことについても、お知らせしますし、代わって申請することも可能です。

それがわたしの役割と考えております。

 

タイトルとURLをコピーしました